台湾初のミシュランガイドが発表されてから2ヶ月がたちました。36軒が選ばれた中で牛肉麺屋が8軒もあったので全部行ってやろうと思っていたのですが、なかなか僕が普段出歩かない方面に1軒ございまして、この度ようやくそちらを頂き8軒制覇を成し遂げた台湾で牛肉麺を喰らう人です、こんにちは。

今回はそれを1軒ずつ振り返ってみたいと思います。

ちなみに公式ページはこちら
https://guide.michelin.com/tw/taipei/bib-gourmand/restaurants


西門にある老山東牛肉家常麵店。
かの有名(?)なオタクビル「萬年商業大楼」にあります。かなり老舗のお店で、評判通り美味しいです。店内も割と広いのでおススメできます。麺は太めのすいとん系。


こちらも西門の牛店精燉牛肉麵。
昼時に行くと行列が凄いです。写真でお分かりの通りスープがとにかく美しいです。ここまで丁寧につくられている牛肉麺はなかなかないと思います。味も良いです。おススメできますが、ちょっとお値段が高いので、そりゃうまいだろ、という感じもします。


忠孝復興の林東芳。
ここはみんな大好きですよね。深夜までやっているので飲みのあとに〆として使えるという評判です。混んでないだろう時間帯を見計らっていっても行列していたりするのでびっくり。美味しいし、値段も高くないのでおススメ。最近店舗を移転してきれいになりました。


またも西門にある建宏。
ここも店内は広くて冷房きいているので入りやすいです。お値段は小であれば90元。安いです。小でも普通の量ですのでコストパフォーマンスがかなり高いと思います。実は同じ名前の別店舗が歩いて2分くらいのところにあります。僕はそちらの方が好きです。メニューが体裁から値段までまるっきり同じですが、僕はミシュランガイドに載っていないそちらのほうにばかり行っています。たぶんこっちの方がおいしい。肉も大きいような気がします。あと、店員さんもフレンドリー。


忠孝敦化と国父記念館の間にある清真中國牛肉麵食館。
ここは牛肉麺以外もいける普通のレストランです。あまりこの辺りはうろつかないので全く忘れていましたが、台北に引っ越してきて家も決まっていないときに初めて行った牛肉麺屋でした。脂が美味しくて元気になれます。普通に夜ご飯として行けるお店ではありますが、僕のように牛肉麺だけ食べるのも勿論OK。


台北駅ちかくにある劉山東牛肉麺
昼間は行列していたりもしますが回転早くすぐ入れます。こちらもシンプルな牛肉麺ですが、肉はビーフジャーキーのようで、個人的にあまり好きではありません。


どこの駅からも微妙に離れている廖家牛肉麵。
ここが僕にとって最終ミシュランでした。かなり珍しいと思いますがトッピングに空心菜が乗っています。麺にも特徴があって、何かに似ているなと思いながら食べていたのですが、これは沖縄そばににているという結論。好きです。交通の便があまり良くない(師範大学に通ってたりするならいいかも!?)のに加えて夜7時半閉店という強気の営業時間です。


東門の永康牛肉麵。
高いです。並びます。でも、めちゃくちゃおいしいです。1年で100食程度牛肉麺を食べてきましたが、ダントツナンバーワンです。美味しい牛肉麺が食べたいときはココです。紅焼牛肉麺は辛いので汗だく注意。



ということで、ミシュランガイド、さすがにイケてるラインナップでした。
「観光で食べるなら永康牛肉麵」、「普段食べるなら建宏(のミシュランガイドに載ってない方)」が良いと思います。

そのほか史記牛肉麺や、永春界隈の牛肉麺屋が選ばれなかったのは意外でした。史記は日本人に人気ですし、永春の小陳牛肉麺もめちゃくちゃおいしいです。次回は選ばれるかな~。

あと、ネタとして500元の點水樓の牛肉麺も良いかも。よく考えたら點水樓もミシュランガイドに載っていますね!